薄毛治療のharg療法のメリットとデメリット

harg療法とは、毛髪を再生することによって薄毛や男性型脱毛症(AGA)を解消する治療法で、毛髪再生治療を意味する「Hair Re‐generative theraphy」の頭文字をとったものです。harg療法では、脂肪幹細胞から抽出された成長因子AAPEやビタミン、アミノ酸などの栄養素を成分としたhargカクテルを頭皮に注入し、毛周期サイクルを正常化させることによって発毛を促進させます。

hargカクテルの注入方法には、注射針によって注入するパピュール法やレーザーで皮膚に極小の穴を開け、そこから浸透させるフラクショナルレーザー法、極小の針がついたローラーでカクテルを浸透させるダーマローラー法などがあります。



harg療法のメリットは、注入するhargカクテルにアレルギー物質が含まれていないので、他の育毛剤で観察されるような副作用の心配がないこと、男性だけでなく女性にも効果があること、ダウンタイムがほとんど必要なく、治療の翌日からでも洗髪が可能なことです。
一方でharg療法にはデメリットも存在します。

個人差もあるのですが、効果が現れるまでに3~8ヶ月程度かかり、平均で5~10回程度、通院での治療が必要になります。


また、治療法によっては若干の痛みを伴うことがあることも注意しておくべき点でしょう。



harg療法は治療範囲にもよりますが、頭部全体で10万円程度と高額の費用がかかってしまいます。

教えてgooに関して最新情報を教えます。

複数回の治療となれば、総額は100万円を超えることもあります。
信頼のおける医療機関選びが大切です。